意外と知らないだけか

コラム, ペットの種類で探す

我が家には現在4匹の猫たちと暮らしている。 4匹とも動物愛護団体の支援している病院にある里親コーナーで出会った子達。

妻と付き合っている時から、一緒に暮らしているのですが、それまでは実家で母親が面倒を見てくれて、猫や犬と暮らしていましたが、自分で猫の面倒をすべて見るのは、初めてです。
妻もそれは同じで、2人とも今まで飼ってきたのだから、世話くらい楽勝でしょう。 なんて思っていました。

4匹の1匹は先に妻が飼っていた子、残りの3匹は兄弟です。
毎年、冬になると風の予防接種を受けています。ある時、兄弟猫にキジトラがいるのですが、もともと体も小さく甘えっぽい子なんですが、予防接種を受ける前に簡単な健康診断を受けました。

獣医師から心臓にわずかに異音がすると言われました。最初は何のこっちゃと訳がわからなかったのですが、その場で血液検査をしましょうとなり、やってもらうとビックリです。

かなり数値が悪く、よく普通にしているねと言われました。私達、人間に置き換えたら、常に貧血になっている状態だと。
結果的に心筋症と診断されました。

そして治らない病気であるとも言われました。凄く悲しくなり、まだちっちゃいのに死んでしまうのか、不安になりました。
藥飲んで病気の進行を遅らせる事になり、もう4年くらいたちますが、薬の量は増えてしまったけど、血液からわかる数値は落ち着き安定しています。
このままいけば、 長生きまでとはいかないかもしれませんが、ある程度は生きてくれそうです。

子供の頃からずっと猫を飼ってきましたが、今回、たまたま担当の獣医師さんが見つけてくれたので、治療できていますが、今まで飼ってきた猫達は、私達家族や医師が気がつかないまま死んでいってしまった猫もいるような気がします。
少しでも変だなと思ったら、病院に行ってみてもいいかもしれないですね。

このページの先頭へ