心不全治療薬として開発されたエナカルド錠ジェネリックエナラプリル

コラム, ペットの種類で探す

■商品名について
心不全のお薬 エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mg

■症状について
エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは心不全治療薬として開発されたACE阻害薬です。血管を弛緩させる血管拡張剤で、動物の心筋へのダメージを軽減します。
心不全とは心臓や心臓とかかわる臓器に異常が起こり、血液を送り出すことができなくなった状態のことです。

心不全の主な症状として、元気がない、すぐに疲れる、運動を嫌がる、呼吸が荒い、チアノーゼや失神、胸水や腹水、夜間に悪化する咳などがあります。
心不全が起こる原因として、フィラリア症、肺気腫、気管支炎、僧帽弁閉鎖不全や心室中隔欠損症などの心臓病が考えられます。

心不全が他の疾患の影響で起こっている場合はまず基礎疾患の治療が施されます。心臓に負担がかからないよう、運動や食事にも注意しなければなりません。過度な運動、塩分の高い食事は控えるなど日常の生活から注意が必要となります。

また、肥満は心臓に負担をかけるので、食事に関しては塩分だけでなく肥満にならないような注意も必要です。
症状に応じて、強心剤、利尿剤、血管拡張剤などの薬が投与されます。

これらの薬は一時的な使用の場合もありますが、一生にわたって使用することもあります。エナカルド錠ジェネリックエナラプリルは血管拡張剤にあたり、血圧を下げることにより心臓への負担を軽減する薬となっています。

 

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
エナカルド錠ジェネリックエナラプリルは犬・猫両方に使用できます。有効成分はマレイン酸エナラプリルで、ACE阻害薬と言われる薬となります。血圧を上げる物質をつくらないように(阻害)して血圧を下げる効果があり、血管の拡張と血液循環を改善し、心臓の負担を軽減します。

また、腎臓の糸球体の血流を改善することによる腎保護作用もあり、心機能低下に伴う慢性腎不全の治療にも用いられます。
日本では獣医師の処方が必要な要指示薬ですので、ご使用の際は獣医師の指示にしたがって投与してください。

 

■使用方法(服用・投与方法)
ご使用の目安として、犬では体重1kgに対して0.5mgのエナラプリルを1日1回か2回経口投与で与えます。猫の場合は体重1kgに対し0.25mg~0.5mgが目安となります。これはあくまでも目安ですので、ご使用の際は獣医師にご相談のうえ、その指示に従って投与してください。

 

■商品のレビュー・購入後の感想
うちのシーズー君は心臓が悪く、薬が手放せません。病院でもらっていたのですが、同じ様な薬のジェネリックがあると聞きました。

先生に伺ってみると、問題なければそれでもいいです、とのこと。長く使う薬なので、ジェネリックの方がありがたいのは間違いないです。早速取り寄せて使ってみましたが、今のところ問題なさそうなので、今後もエナラプリルを使ってみようと思います。

このページの先頭へ