居なくなって感じる愛犬2匹の存在の大きさ

コラム, ペットの種類で探す

犬を飼わなく成って早7年が経とうとしてます。その間にも何度か周りの方々からも又ペットを飼わないかと言う誘いはあったのですが、どうしてもシェリーやジュリーの死に目に遭遇している母には踏ん切りが付かず今に至っております。

そんな私も結婚をして世帯を持つように成ってお盆や正月位で昔ほどは実家に帰らなく成りました。
そんな生活に新しい仲間が登場してきました。それは最近、義理の兄が飼いだしたヨークシャテリア犬のチャンプである。

又どうしてよりに寄ってヨークシャテリアだったのかマルチーズやトイプードルで無いのかは謎で有ります。そのワンコ君と初めて対面したのは正月で帰省した時の事でした。
その時の第一印象はとにかく良く吠えるし噛み付いたりでしつけが出来ているのかな・・?と思う程のワンコでしたよ。

第一印象が最悪の対面だっただけにそれ以来チャンプ君はドッグハウス成る物に入れられてゲージの檻の中で私たちを見ていました。そんな状態を見兼ねたのか当等「しつけを受ける為にドッグランに連れて行く」と言い出しました。

マァ私としたらやっとかと思ってましたが、それから何ヶ月かは大人しくなり兼ねていたので事務所に連れて来ることに成りました。
所謂「看板犬」見たいな物です。私も時々事務所に寄ったりもしますが、とにかく初めてのお客さんには興奮したように吠えること吠えること。

その後は何の無かったかの様に自分の指定席で寝ていますよ。最近そんなチャンプが私に甘える回数が増えたように思えます。

その原因は餌が貰えると思って入るようですね。だから事務所に寄らない日なんか後で聞くと機嫌が悪かったと言われてます。
そう言われてもこっちも仕事しているのだから犬の都合には合わせられませんよ。
やっぱ看板犬何だしもう少し自覚を持ってもらいたいものです。

そんなチャンプですが未だ私の両親は写真でしか見た事がありません。最近は弟の孫達に夢中に成ってますからそれどころじゃ無いのかも知れませんね。良い方で考えましょう。
何れ時期が来ればチャンプに会う機会も出て来るかも知れませんし楽しみにしていようと思いますよ。

良くテレビで一時期のペットブームが去り犬・猫の問題が上がってますが保健所のワンコや猫達を思うと一時期のブームに乗っかって最後まで責任が取れないのなら飼うものでは無いと思います、生活や仕事の都合上で捨てられるのは痛ましいことです。

最近ではブリーダーによる繁殖等も問題化されましたがどうなんでしょうか?チャンプも、もう少しお利口さんなら良いのにと常に思ってます。
こればかりは兄夫婦が決める事なので私がとやかく口を挟む処では御座いませが、つい言いたく成りますよ。
でも、お役所の都合により殺処分されているペット達の事は行政で何とか成らないモノでしょうかね常々そう思いますよ。

このページの先頭へ