副作用の少ない薬として有名なアジー抗生物質

コラム, ペットの種類で探す

■商品名について
感染症に アジー1000mg(抗生物質)

■症状について
アジーは細菌が原因で起こるさまざまな病気に用いられる抗生物質です。
抗生物質とは、病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えたりすることで感染症を治療する薬です。

感染症は細菌による感染症、ウイルスによる感染症、真菌(カビ)による感染症がありますが、アジーは細菌による感染症に効果がある抗生物質です。

呼吸器感染、皮膚感染、中耳炎、生殖器感染などに使用されます。
アジーはジスロマック(ファイザー)のジェネリック品となります。

ブランドの薬と同じ成分、同じ品質で安全性も同じですが、特許期間が過ぎているためコストを抑えることができ、安価に購入することができます。抗生物質の常備薬としてご準備いただくのにおすすめの薬です。

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
アジーはマクロライド系の抗生物質で、有効成分はアジスロマイシンです。
アジスロマイシンの特徴は、抗生物質の中でも幅広い細菌に対して有効であるということです。肺炎球菌、インフルエンザ菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、マイコプラズマ、クラミジアなどに有効です。

また、アジスロマイシンのもう一つの特徴として作用時間が長いということがあります。1回の投与量を調節することで効果を持続させることができ、3日間連続投与と同等以上の効果を得る服用方法もあります。詳しくは獣医師にお尋ねのうえ、その指示に従ってください。

マクロライド系の抗生物質は比較的副作用が少ないとされています。抗生物質の常備薬としておすすめしたい薬です。

 

■使用方法(服用・投与方法)
犬には体重1kgに対し5~10mgを1日1回7日間投与します。
上記用量は目安であり、症状や経過によって違います。くわしい用量用法については獣医師にご相談ください。

アジーは日本国内では獣医師の処方が必要な要指示薬となっています。ご使用の際は獣医師の指示のもと正しくお使いください。

 

■商品のレビュー・購入後の感想
大型犬の多頭飼いのため、いちばんお得にと思って1000mgを購入しました。割って投与しなければいけないので、500にしてもよかったかなと思いますが、効き目は申し分ありません。

かぜをひいても、中耳炎になっても、みんなが同じタイミングで具合が悪くなるので、いつも常備しておけるよう、少なくなったらすぐ購入するようにしています。

このページの先頭へ