何も話せない猫の健康は食事が大事

コラム, ペットの種類で探す

私は猫好きです。もちろん今も猫と共に生活をしています。ところが猫の餌に関してはあまり関心を持っていませんでした。この事に関してとても後悔しています。
一年前に動物病院で血液検査を受けたところ、腎臓が弱って慢性腎不全になる進行中だと診断されました。

まだ初期の段階ですが、悪くなるのを食い止めるだけで治ることは無いとの事です。ドクターの話によるとスーパーで買った安価な餌は様々な病気を引き起こす原因になり得るとのことでした。

いくらリンなどに配慮している記されていても完全な腎臓食では無いそうです。

ではどうすれば良かったのか?腎臓食を作っているキャットフードの会社は他にも病院食を作っているそうです。これを与えるには医師の診断のが必要だそうです。

そして、病院食専門かと思いきや健康な猫用の餌もあるのでした。これこそリンなどに徹底的に配慮しているものだそうです。
この存在を知っていたら、家の愛猫が健康な時からそれを食べさせていたし、少なくともスーパーで買った安価な餌と半分半分にして与えていればさほど健康に影響を及ぼさなかったはずです。

今は腎臓を悪くさせてしまった猫に申し訳なくて、高くても良い腎臓食だけを与えています。最近なのですが、また血液検査を受けたところ前と数値があまり変わって無いとのこと。

食事管理で病状はさほど悪化して無いようです。12才の老猫なので、老衰として様々な体の部分が弱ってくるとドクターに言われました。
私があげた餌で病気になったなんて悲しくてたまりません。
これからでも存分にケアをしてあげて長生きさせてあげたいです。

このページの先頭へ