ヴィジョケア眼軟膏犬猫の薬通販は格安最安値

コラム, ペットの種類で探す

■商品名について
犬の結膜炎に塗る薬 ヴィジョケア(ジェネリック医薬品)

 

■症状について
ヴィジョケアは犬の結膜炎や角膜炎、ドライアイ、細菌による目のトラブルを治療する眼軟膏です。
犬の結膜炎はいろいろな原因で起こります。細菌やウイルスの感染症、アレルギー、ほこりなど異物が入って目をこする、まつ毛や被毛が目に入るなどさまざまです。犬種によって眼病にかかりやすい種類の犬もいます。

ドライアイは正式には乾燥性角結膜炎といい、目の表面が乾いて角膜や結膜に炎症がある状態のことです。眼球の表面は通常涙の層でおおわれています。この涙が減少することで角膜や結膜に障害がおこります。原因は特定されていませんが、免疫機能の異常が原因であるともいわれています。

眼病は目のまわりの毛をカットして毛が目に入らないようにすることでも予防になりますのできれいにトリミングして清潔にしてあげましょう。炎症を起こしてしまっている場合はヴィジョケア眼軟膏で治療しましょう。

 

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
ヴィジョケアは犬の乾燥性角結膜炎(ドライアイ)や慢性血管性角膜炎を治療する眼軟膏で、動物病院でも使用されているオプティミューンのジェネリック品です。

犬の目は涙膜という薄い涙の層によって保護されています。この涙が何らかの理由により減少すると、まばたきのたびに摩擦がおこり角膜や結膜に細かな傷ができ、炎症が起こります。

角膜炎や結膜の充血、黄色っぽい目やになどの症状が見られるようになります。ドライアイの原因は涙腺等の異常、犬種によって眼球の表面積が大きいため涙が蒸発しやすい、免疫の異常により涙腺細胞が壊れるなどが考えられます。

ヴィジョケアの有効成分、シクロスポリンは涙腺細胞の破壊を防ぐ作用があります。そして、涙の生産量減少を抑え、目の表面の涙量を調節します。

ヴィジョケアは目にほこりや毛、シャンプーなどの異物が入ったり、ドライアイで傷ついた目のための眼軟膏です。眼球につけると体温で溶けて広がり症状を抑えます。

眼病の原因や状態によりヴィジョケアの使用法や使用量が違ってきます。また眼病の種類によってはヴィジョケアが適用外になるものもあります。目に異常が見られたら、まずは獣医師にご相談ください。

 

■使用方法(服用・投与方法)
まず、目の周りの汚れや目やにを取り除いてください。そのあと、角膜に塗布します。目に直接触れるように投与しようとすると犬が驚いてうまくいかないこともあります。目の端から眼球につけるようにするとうまくいくようです。
真菌やウイルスの感染症の場合は適用外なので、まずは獣医師にご相談ください。

 

■商品のレビュー・購入後の感想
うちのシーズーくん、目やにがひどくて困っていました。アレルギーなのか痒いような仕草もします。初めは点眼薬を処方してもらっていたのですが、さしても目から流れ落ちてるみたいで。で、軟膏の薬を出してもらったのですが、目のはしっこにちょっとつける感じで思ったよりも簡単に使えました。気になった時にすぐ使えるように常備薬にしています。

このページの先頭へ