ペットフードについて

コラム, ペットの種類で探す

じつは、犬の餌というものにおいて「ペットフード」がありますが、そのなかでペットフード公正取引協議会というのがあります。

ペットフード公正取引協議会の規定が決められているので、そのルールにあてはまるドッグフードに関してはそれを見て決めるようにするとよいでしょう。
もちろんではありますが、まったく適用されていないものものあります。あくまで義務ではないため、ルールに則っていないメーカー・販売業者とありますが、作り方から原材料においてやはり食べさせるものはちゃんとしたものを購入したいものです。
また、原材料表記の仕方によって、使用量の多い素材の約80%までは表記するようにしています。

そこで購入するさいには、原材料や製造業者の確認をしっかりとすることが肝心になります。
またそのなかで、なにを見るべきなのか、といいますとそれは何の肉かです。犬でも猫でもメインとなるのが、肉になるでしょう。色々な肉が犬用の食事として使われているわけです。

そのときには何度も言いますが、何肉であるのか、ということを見るべきでしょう。
それを見るのが、ある意味では飼い主義務的なことであるといえるでしょう。
で実際に使われている肉がどんな肉かといいますと鶏肉が意外と多いです。
鶏とか鴨もそうです。ターキーなんかも意外と多いでしょう。
合成肉を使っているところもありますから、これは何の合成肉かを気にした方がよいでしょう。

どうしても偽肉を使っているメーカーも意外とありますから、それは避けるようにしましょう。
特にいえることは消化に良いものであるのかどうかです。
場合によっては、アレルギー性があったりする植物も入っていることがあります。
そうしたドッグフードを避けるようにすることが表示がしっかりとしているものであればできるわけです。
これを知っておくべき価値があるものといえるのです。

このページの先頭へ