ペットのトイレで苦労したこと

コラム, ペットの種類で探す

前々からあこがれていた犬を購入して、晴れてペットと暮らしているという人は最近とても多くなってきていると思われます。中でも犬はペットの中でも1位、2位を争うぐらい人気のペットでもありますから、より多くの人が犬を飼うことを考えていたりもしたりするものです。

しかし、理想と現実はときに大きなギャップを生むこともあり、確かに犬との生活はとても楽しいものではあるのですが、飼い始めに最初の関門が待っているのです。それが、しつけです。

これをしっかりできる飼い主とできない飼い主では、大きな差がありますし、めんどくさいからと言ってさぼってしまっては後々大変なことになるやもしれません。ですが、そうはいっても簡単にしつけができるほど、しつけは甘いものではありません。

できたと思って、安心していると意外にできていないことが多かったりもします。
そこで、今回は犬を飼い始めた飼い主初心者の方が、しつけでやりがりな失敗について、「トイレトレーニング」を中心に書いていきたいと思います。

「トイレトレーニング」とは、飼っている犬が家の中で決まった場所におしっこやうんちをしてもらうようにしつけをすることです。
これができていないと家中がワンちゃんの排泄物だらけになることもあるので、しつけのなかでもかなり重要なカテゴリーに入るものでもあります。

その「トイレトレーニング」について、まずは犬にトイレの場所を覚えさせて、何も言わなくても犬が決まった場所で用が足せることになるというのがゴールなのですが、意外に何度か成功したことをいいことに、「もううちのワンちゃんは大丈夫だ」と安心してしまう飼い主の方が多くいらっしゃいます。

そのような場合では大抵、飼い主が見ていないときには適当な場所でしてしまうということになりがちでもあります。
このようなことは意外と犬を飼いたての初心者の方に多いらしく、トイレトレーニングに成功した気になっているばかりに、気を緩めてしまっている方がほとんどです。

ここで重要なのは、この段階では、ワンちゃんはトイレの場所を完全には覚えていないということです。
何度か成功しただけでは十分ではないので、そこからも何度も繰り返し、監視・管理を続けながら、成功体験を繰り返しましょう。そして、成功体験をした時には、ちゃんと褒めて、おやつをあげましょう。

ポイントは大げさなぐらいがちょうどいいということです。
これさえ守れば、飼い犬のトイレトレーニングはばっちりです。この方法については、様々なしつけについても当てはまることでもあります。成功体験をさせながら、ほめるを繰り返す。
このルールさえ守れば、ペットのしつけは難なくこなすことができるでしょう。

このページの先頭へ