ハートガードプラスフィラリア症予防薬通販

コラム, ペットの種類で探す

■商品名について
月に1度のおいしい薬 ハートガードプラス(カルドメック)大型犬用

■症状について
ハートガードプラス大型犬用はチュアブルタイプのフィラリア症予防薬です。日本ではカルドメックの名前で販売されている薬と同一の製品です。
フィラリア症は犬糸状虫(フィラリア)という寄生虫が犬の心臓や肺動脈に寄生する病気です。犬から犬には感染しませんが、フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊に刺されることによって感染します。

犬の体に入り込んだフィラリアの幼虫は体の中を移動しながら成長と脱皮を繰り返します。最終的に心臓や肺動脈に住み着き、心臓の働きを弱めたり、血液の流れを妨げたりします。命を落とすこともある大変恐い病気ですが、最近では予防法が確立し、正しい予防で防げる病気となりました。

フィラリアは蚊によって媒介される病気ですので、蚊が発生する頃から終息するまでの間予防薬を使用することで、予防できます。
フィラリア症予防薬には錠剤、スポットオンタイプ、チュアブルタイプといろいろな種類のものが発売されていますので、犬の好みや体質によってお選びいただけます。

ハートガードプラスはおやつのように食べることのできるチュアブルタイプです。錠剤の苦手な犬におすすめです。

 

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
ハートガードプラスの成分はイベルメクチンとピランテルです。
イベルメクチンは2015年大村智先生のノーベル賞受賞とともに、寄生虫による風土病の治療薬としてその名称が知られましたが、フィラリア症の予防薬として最も古くから使われてきたものです。

ピランテルも寄生虫の駆除薬ですが、こちらは消化器官に寄生する寄生虫、ぎょう虫や回虫などに効果を現します。
これら2つの効果により、フィラリア予防とともに消化器官内寄生虫の駆除を同時に行える薬となっています。
ハートガードプラスは、おやつのように食べるチュアブルタイプの薬です。

角切りビーフのような味で、錠剤が苦手な犬でもそのまま食べることができるため、投薬がとても簡単です。犬にも人間にもうれしい薬、ハートガードプラスでフィラリアを予防してあげましょう。

 

■使用方法(服用・投与方法)
ハートガードプラス(カルドメック)大型犬用は体重23kg~45kgの大型犬に適したサイズのお薬です。
蚊が発生する時期より蚊の終息した1か月後まで、1月毎に定期的に投与してください。

飲み忘れや飲み残しがあると十分な効果が期待できない場合があります。必ず全量飲みきったことを確認してください。
血液検査でフィラリアに感染していないことを確認の上ご使用ください。フィラリアに感染している場合、使用できません。

 

■商品のレビュー・購入後の感想
ハートガードプラスは今年で5年目です。前に病院でカルドメックを処方してもらったのですが、同じ商品と聞いたのでハートガードに乗り換えました。ずっと続けていますが、体調にも問題ないので、これからもハートガードでフィラリア予防をしたいと思います。

このページの先頭へ