ハートガードプラスの最安値はアマゾンか楽天か

コラム, ペットの種類で探す

■商品名について
フィラリア予防に ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用

■症状について
ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用は11kg以下の小型犬に適したサイズのフィラリア症予防薬です。
ハートガードプラスは日本では「カルドメック」として販売されており、日本でも世界でもフィラリア症のトップブランドとして認知されています。

フィラリア症とはフィラリアという寄生虫が犬の体に寄生して起こる病気です。蚊によって犬の体に寄生したフィラリアの幼虫が成長しながら体の中を移動し、最終的に心臓や肺動脈に寄生します。心臓に寄生すると、血液の流れや心臓の働きに悪影響を及ぼし、最終的に命に関わることもある恐ろしい病気です。

犬をフィラリアから守るためには心臓にフィラリアを寄生させないことです。現在フィラリアの予防法はほぼ確立されています。予防薬を投与することで、体内に入ったフィラリアの幼虫を心臓に達する前に殺虫することで予防できます。予防薬にはさまざまなタイプのものがあります。

錠剤タイプや肩甲骨に垂らすタイプ、おやつのように食べるタイプなどがありますので、犬の好み等に応じてお選びください。ハートガードプラスはおやつのように食べるチュアブルタイプのお薬です。錠剤の薬が飲めない犬や、垂らすタイプの薬が苦手な皮膚が弱い犬にはおすすめの薬です。

 

 

 

■商品の効能・効果と副作用について
ハートガードプラス小型犬用は日本ではカルドメックとして知られており、フィラリア症のトップブランドとして広く使用されているお薬です。成分はイベルメクチンとピランテルとなっています。

イベルメクチンは寄生虫を駆除する薬です。「風土病の治療薬」として2015年ノーベル賞で一躍有名になりましたが、フィラリア症の薬としてはずいぶんと前からメジャーな薬として使われていました。

ピランテルも寄生虫駆除の薬ですが、こちらは消化器に寄生するぎょう虫や回虫に対して有効です。これら2つの薬の相乗効果により、ハートガードプラスはフィラリアを予防するとともに、消化管内線虫を駆除することができます。

ハートガードプラスは犬が好きなビーフ味のチュアブルタイプですので、おやつのようにそのまま食べることができます。錠剤の薬が苦手な犬にも食べさせやすく飼い主のストレスも犬のストレスも軽減できます。
薬の効果は約1か月です。毎月の定期的な投与で効果が発揮できますので、1か月毎に忘れずに投与してください。

 

■使用方法(服用・投与方法)
ハートガードをご使用になる前に、血液検査でフィラリアに感染していないことをご確認ください。
ハートガードプラス小型犬用は11kg以下の小型犬に適したサイズです。
毎月1回、蚊が発生する前から終息するまで定期的に投与してください。投与忘れや間隔のあきすぎは効果が十分に発揮できない場合があります。

■商品のレビュー・購入後の感想
獣医さんで錠剤の薬を出してもらいましたが、飲んでくれませんでした。相談したらチュアブルタイプもあるということで、ハートガードプラスチュアブルを購入しました。これは喜んで食べてくれたので、毎月きちんと飲ませることが出来そうです。

このページの先頭へ