ドッグフードで気をつけること

コラム, ペットの種類で探す

ペットして飼っている犬の餌といえば、市販されているドッグフードが一番に思い浮かぶと思います。
人間の食事するものを飼っているペットに出している家庭は意外と多いです。

本来は人間の食べ物は高カロリーで、動物が食べてはいけないものも含まれているので、与えるさいは気をつけるようにしてください。
そこを考えると、ドッグフードを与えるのが、安全で安心できるはずです。

犬の栄養的にみますと素直にドッグフードを与えていったほうがよいでしょう。
しかし、意外とドッグフードには脂肪が多く含まれています。

これは素直に考えれば美味いからでもあります。脂というのは基本的に美味ですから犬もそちらのほうが好き、というのは確かにあります。
脂肪分が多いものは基本的に犬も好きなのですがさすがにそれでも控えさせる必要性があることもあります。
動物性の脂肪が入っているドッグフードというのは、確実に犬の食いつきがよいです。

ですから、まずあげたいと思う飼い主が多いですが、確認したほうがよいこともあります。それが何肉を使っているのか、ということです。まずはこれを見るようにしましょう。
よくないところは、肉に対して防腐剤を使っていることもあるのです。これは健康的によくないことははっきりとわかることでしょう。

ですから、このようなドッグフードは避けるべきであるわけです。
犬は基本的に与えられたものをそのまま食べてしまうことになりますし、また味も悪くないですからそのようなものであろうともどんどん食べてしまうのです。

それは飼い主側で配慮するべきことであり、愛犬のためにはどんなドッグフードであるのか、ということはしっかりと確認するようにしたほうがよいでしょう。
獣医師から健康を意識したものを教えてもらう、という手もあります。

このページの先頭へ