フィラリア症のお薬の種類から予防と症状まで比較

フィラリア

フィラリア,薬

■フィラリアとは

犬・猫におけるフィラリアとは、蚊などの吸血昆虫が媒介している寄生虫の一種になります。
フィラリアには種類があり、犬・猫に寄生するのは犬糸状虫という種類で、感染経路は主に蚊を媒介して寄生することが分かっています。
フィラリア予防薬


フィラリアの症状は、犬と猫では差があります。認知度や発症度は猫の方が低く発見されにくいとされてます。又、猫の場合犬と比べて症状は重度になる傾向があり、症状が出ないまま突発的に死に至るケースもみられています。下記に犬と猫の主な症状と病態をご覧ください。

【犬の主な症状と病態】

慢性の呼吸症状(咳・呼吸困難)・四肢がむくむ・腹水・肝臓、腎臓の機能障害・のどの渇き・尿の色が赤褐色になる・歯茎や白眼が黄色くなる(黄疸)

【猫の主な症状と病態】

慢性の呼吸症状(咳・呼吸困難)・嘔吐・下痢・体重が減る・嗜眠(元気が無く睡眠時間が多い)・食欲低下・失神・アナフィラキーショック(突然死)

フィラリア症

フィラリア,注射

■フィラリア薬の効能・効果・作用

フィラリアの治療法には、成虫駆虫薬やステロイド剤などが使用されます。犬の場合は、成虫駆虫薬を投与する事により体内に寄生しているフィラリアを除去する効果があります。
しかし、体内(心臓内)に残ったフィラリアの遺骸が肺動脈に詰まる恐れがある為、成虫駆虫薬投薬後は約4~6週間は安静にする必要があります。
フィラリア予防


猫の場合は、成虫駆虫薬投薬する事によりアナフィラキーショックを発症させる恐れがある為、成虫駆虫薬投薬はあまり行われておりません。
その為、フェラリアによる炎症を抑える為のステロイド剤の投与や、フィラリアが肺動脈に詰まる事を防ぐ為の管支拡張剤の投与を中心に治療を行っていきます。
フィラリア予防薬,価格


又、フィラリア症予防薬を投与する事でフェラリアを予防する事ができます。
フィラリア症予防薬の投与の頻度は、毎日ないし一日おきの投与や月単位や年単位に投与など種類があります。

フィラリア,時期

■フィラリア薬の副作用

フィラリアの薬は『治療薬』と『予防薬』があります。
いずれにしても副作用が少なく安全性が高いとされていますが、フィラリアの薬の副作用が全くないわけではありません。
フィラリアの薬の副作用とされている症状として、大静脈症候群(呼吸困難)・嘔吐・食欲低下・元気がなくなる・顔面の腫脹・意識障害・運動麻痺・突然死(アナフィラキシーショック)等の報告があり投薬後は注意が必要です。
まず、フィラリアの薬の副作用の原因として、既にフェラリアに寄生されている場合に予防薬を投与した場合です。
予防薬を投与する事により、血液中に寄生していた多量のフェラリアの幼虫が一斉に死滅する事が影響し、アナフィラキシーショックを発症する恐れがある為です。
その為、フェラリアの予防薬を投与する際には必ずフェラリアに寄生されているかの検査を行う必要があります。

フィラリア,人間

検査の結果が陽性の場合は、まずはフェラリアの成虫の駆除を行い、その後フェラリアの幼虫の駆除をしてからフェラリアの予防薬を投与しましょう。
体内に寄生しているフェラリアは、段階を踏んで駆除する事により、より安全に使用する事ができます。
又、フェラリアの薬に含まれているチアセタルセミドは、肝臓・腎臓にて濃縮され毒性変わる為、胃や腸を傷つける事があります。
その他に、イベルメクチンという成分は特定の犬種(コリー犬やオーストラリアンシェパードなど)の脳内にまで薬が入り込み重大な副作用を引き起こす可能性がある為、投与の使用料には注意が必要です。
主な症状としては、嘔吐やよだれ、運動麻痺や昏睡などが報告されています。

犬,フィラリア,料金

フィラリア,注射

■フィラリア薬の使い方・使用方法・服用方法

フェラリアの薬の種類は、注射薬や錠剤、餌に混ぜてあるものなど豊富にあります。
使用方法としては、個体の体重に合わせて薬の調整を行っていく為、必ず決まりの指示に従って投与しましょう。
現在インターネットサイトでフェラリアの薬を取り扱っている事があります。ちゃんと犬猫の体重や成長度の理解があればネット通販での個人輸入で購入した方が格安です。
フィラリア値段


フィラリア,症状

■フィラリア薬の注意事項

フェラリアの予防薬は豊富にあり、近年ではインターネットで手軽に入手する事ができるようになりました。
しかし、フェラリアの薬は個体の体重や犬種によって薬の種類や投与量が変わってきます。
又、フェラリアの薬にはアナフィラキシーショックによる突然死などの副作用があるため、用法用量をちゃんと守ってください。

フィラリア検査

フィラリア,時期

■フィラリア薬の購入後のレビュー・感想

【一部抜粋記載】
私は、室内で中型犬を飼っております。
動物病院でフェラリアの検査をしたところ寄生はしていなかったのですが、今後のフェラリアの予防としてインターセプタースペクトラムを購入いたしました。
うちの子にはタブレットは若干大きかったらしく、服用しずらそうな様子が見られましたが味がついており普通の錠剤よりはスムーズに投与する事ができました。
インターセプタースペクトラムはフェラリア以外の体内寄生虫の駆除もできる為、まさに一石二鳥です。副作用もでる事なく、元気に過ごしております。

フィラリア,個人輸入

■フィラリア薬の種類

レボリューション

フィラリア予防及びノミ・ダニの駆除。月に1回投与することにより、寄生を予防し駆除も期待できます。

対象年齢 犬用   中型犬用(生後6週間以上及び体重10.1kg~20.0Kg) 
内容量 レボリューション120mg 1箱3本
主成分 セラメクチン12%
フィラリア,犬,薬


対象年齢 犬用   小型犬用(生後6週間以上及び体重5.1kgから10.0kg)
内容量 レボリューション60mg 1箱3本
主成分 セラメクチン12%
フィラリア,犬,予防


対象年齢 猫用   生後6週間以上及び体重2.6kgから7.5kgの猫用
内容量 レボリューション45mg 1箱3本
主成分 セラメクチン6%
犬,フィラリア,料金


対象年齢 犬用   生後6週間以上及び体重2.6kgから5.0kgの小型犬用
内容量 レボリューション30mg超小型犬用 1箱3本
主成分 セラメクチン12%
犬,フィラリア,症状


対象年齢 犬猫兼用   生後6週間以上及び体重2.5kg以下の子犬及び子猫
内容量 レボリューション15mg子猫・子犬[2.5kg以下]用 1箱3本
主成分 セラメクチン6%
フィラリア,犬,注射


ハートガード

犬用フィラリア予防薬です。日本で販売の『カルドメック チュアブルP』と成分、メーカー、使用方法もすべて同一 Merial(メリアル)社製

対象年齢 犬用   大型犬用(約12kg~約23kgの大型犬) 
内容量 1箱6個
主成分 イベルメクチン272mcg/ピランテル227mg
フィラリア,猫


対象年齢 犬用   中型犬用(約12kg~約23kgの中型犬) 
内容量 1箱6個
主成分 イベルメクチン136mcg/ピランテル114mg
フィラリア,薬,時期


対象年齢 犬用   小型犬用(約12kg未満の小型犬~中型犬) 
内容量 1箱6個
主成分 イベルメクチン68mcg/ピランテル57mg
フィラリア,薬,副作用


ストロングホールド

ストロングホールドは、海外の欧州市場版で国内では【レボリューション】になります。
ストロングホールドもレボリューションも、中身の有効成分から使用方法・メーカーなどすべてにおいて同じものになります。
ストロングホールドは、スポットオン式のチューブタイプになり、フィラリア(犬糸状虫)やノミの予防に加えダニ(ミミヒゼンダニ)の駆除などにも効果があります。

対象年齢 猫用   生後6週間以上及び体重2.6kgから7.5kgの猫
内容量 【EU版レボリューション】ストロングホールド45mg猫用 6本
主成分 selamectin 6%
犬,フィラリア,治療


対象年齢 犬用   生後6週間以上及び体重20.1kg~40.0Kgの大型犬
内容量 【EU版レボリューション】ストロングホールド240mg犬用 6本
主成分 selamectin 12%
犬,フィラリア,時期


対象年齢 犬用   生後6週間以上及び体重10.1kg~20.0Kgの中型犬
内容量 【EU版レボリューション】ストロングホールド120mg 6本
主成分 selamectin 12%
フィラリア,犬,値段


対象年齢 犬用   生後6週間以上及び体重5.1kgから10.0kgの小型犬
内容量 【EU版レボリューション】ストロングホールド60mg 6本
主成分 selamectin 12%
フィラリア,犬,いつから


対象年齢 犬用   生後6週間以上及び体重2.6kgから5.0kgの超小型犬
内容量 【EU版レボリューション】ストロングホールド30mg超小型犬 6本
主成分 selamectin 12%
フィラリア,犬,ハートガードプラス


対象年齢 猫用   子猫・子犬(2.5kg以下)用
内容量 【EU版レボリューション】ストロングホールド15mg 15本
主成分 selamectin 6%
フィラリア,犬,パノラミス


インターセプター

インターセプターは、インターセプターチュアブルとも呼ばれ国内だけでなく海外でもフィラリア予防・駆除の両方に人気あるおくすりになります。またインターセプタースペクトラム(チュアブル)は、回虫や鉤虫、鞭虫やサナダ虫などの回虫駆除に効果があるとことで知られてます。

対象年齢 犬用   大型犬用
内容量 インターセプタースペクトラム大型犬用 6錠
主成分 Milbemycin Oxime 23mg,Praziquantl 228mg
フィラリア,犬,インターセプター


対象年齢 犬用   中型犬用
内容量 インターセプタースペクトラム中型犬用 6錠
主成分 Milbemycin Oxime 11.5mg,Praziquantl 114mg
フィラリア,犬,レボリューション


対象年齢 犬用   小型犬用
内容量 インターセプタースペクトラム小型犬用 6錠
主成分 Milbemycin Oxime 5.75mg,Praziquantl 57mg
フィラリア,犬,ストロングホールド


対象年齢 犬用   超小型犬
内容量 インターセプタースペクトラム超小型犬用 6錠
主成分 Milbemycin Oxime 2.3mg,Praziquantel 22.8mg
フィラリア,犬,プロハート


パノラミス

パノラミスは、錠剤タイプでフィラリア予防だけではなく、ノミ・マダニだけでなく犬糸状虫症予防・消化管内寄生虫駆除剤(犬回虫・犬鞭虫・犬鉤虫)などの体内寄生虫駆除の効果もある犬用のおくすりになります。
パノラミス錠は、【スピノサド】と【ミルベマイシン】の有効成分により月に1回の1錠で済むので、愛犬だけでなく飼い主の負担を少しでも減らしてくれるので便利です。

対象年齢 犬用   体重27.1~54kgの超大型犬用
内容量 パノラミス 1箱6錠
主成分 Spinosad1620mg,Milbemycin Oxime 27mg
フィラリア,犬,効果


対象年齢 犬用   体重18.1~27kgの大型犬用
内容量 パノラミス 1箱6錠
主成分 Spinosad810mg,Milbemycin Oxime 13.5mg
フィラリア,犬,駆除


対象年齢 犬用   体重9.1~18kgの中型犬用
内容量 パノラミス 1箱6錠
主成分 Spinosad560mg,Milbemycin Oxime 9.3mg
レボリューション,猫


対象年齢 犬用   体重4.6~9.0kgの小型犬用
内容量 パノラミス 1箱6錠
主成分 Spinosad270mg,Milbemycin Oxime 4.5mg
レボリューション,犬


対象年齢 犬用  体重2.3~4.5kgの超小型犬用
内容量 パノラミス 1箱6錠
主成分 Spinosad140mg,Milbemycin Oxime 2.3mg
レボリューション,犬,副作用


このページの先頭へ