金魚を飼ったことがある経験談

コラム

私の金魚は元気に暮らしているけれど、ときどき体の調子の悪そうなときがあります。
何故分かるのかというと体の調子が悪いときはご飯を食べません。
お腹が空いていると水槽の一番前で待っています。あげるとすぐ食べにきます。

しかし食欲はいつも同じではありません。季節の変わり目や途端に寒くなったり暑いときは少ししかご飯をあげなくても残してしまいます。
また数日すると同じようにご飯をあげてもすぐ食べてしまい、食べた瞬間一番前で待っています。それは追加をもらいたいのか物足りないのかといったところだと思っています。

私の金魚はいつも仲良しです。何故それが分かるかというと、大きい水槽でも狭い水槽でも体をくっつけあって寝ているからです。向きはどうかというと皆同じ向きで寝ています。

その光景を見るとなんだか微笑ましい気がします。金魚の体の様子は体の状態のある部分を見ています。
まず見ている個所は背骨から尻尾あたりが横に曲がっているかどうかです。

少し曲がっていると調子がよくないかなと思うときがあります。またお腹が急に膨らんでいる場合は食べ過ぎなこともあるからご飯の量を減らしたりしています。
また食べたものが出していなくて腹が大きくなっているかもしれないし、元々腹が大きい体質もあります。

金魚は少しやつれると瘠せますが、普通に同じ寮であげている場合は大きくなるばかりだから様子を見ながら育てなければいけません。お腹が大きくなりすぎるとお腹が重くなり背中とお腹がひっくりかえることもあります。

このページの先頭へ