購入二日目で動物病院に駆け込む羽目に | 犬猫薬(副作用・効果),薬価《通販の個人輸入で格安購入》

コラム

3年前のとある休日に主人と青山に出かけた時、ペットショップの前を通りがかりました。
そのお店は大通りに面していて、いつ通ってもたくさんのお客さん達でにぎわっているお店でした。

元々私は実家で犬を飼っていたし、大好きだったので通るたびにのぞいてはかわいい子(犬)がいれば店員さんにお願いして抱っこさせてもらっていました。

あまり大きなお店ではないのですが、透明のアクリル板で仕切られたスペースに子犬たちが4-5匹づつ入れられていて遊んだり寝たりとしている感じで一番奥のスペースに私達がたどり着いた時、めちゃくちゃかわいい子が一人で寝ていました。

とってもかわいいけど一見して犬種が解らず最初はチワワ?と思いながらもその子に私も主人も釘付けになりどうしても抱っこしたい、触りたいと思い寝てるところを店員さんに出してきてもらい抱っこさせてもらいました。

全く嫌がらず、おとなしく腕に、というか掌に収まって撫でさせてくれて、眠そうな顔で私たちを見つめるこのワンコに一目惚れして私達はおそらく30分はそこに居座りました。

 

catdog19

 

全く買う気がなかった(お店の方には本当に申し訳ないのですが)のに事態は急展開し、犬を飼うことに後ろ向きだった主人まで買う気満々になってしまい、小一時間どうやって飼うのか、本当に育てられるのか、これからの人生のパートナーとして共に生きていく覚悟はあるのかなど隣のカフェで話し合いました。

そして、見事ワンコの衝動買いが決行されました。

私達を虜にしたそのワンコはチワワとポメラニアンのミックス犬で生後一か月半で私達が来る前日にペットショップに来た子でした。体重は300g程で片手の掌で収まるほどの大きさでしたがガラスケース越しに遊ぶ姿は見た限り元気いっぱいでした。

なにせ衝動買いだったのでとりあえず購入手続きだけして次の週末に引き取りに行くということでその日は落ち着いたのですが、翌日やっぱりスグに一緒に生活したい気持ちが抑えきれずとりあえずの必要備品をそろえ朝から引き取りに行きました。

引き取った帰り道もずっと寝ていて家についてからも寝ていて、起きて元気に動き回るところを見れたのは連れて帰ってきた夜でした。

 

catdog09

 

その日はミルクと餌をふやかしてあげてもあまり食べてはくれなかったけど、環境が変わったせいだろうと思い、元気に動いていたのでその日はそのまま寝かせました。

そして、連れて帰ってきた翌日日中はご飯の時以外ほとんど寝ていたのですが、夜20時頃なんだか変な咳のような咽るような鳴き方をし初めて聞く声だったので非常に不安になりました。

とりあえず近隣で開いている病院を探し電話で事情と症状を話し、診療時間は20時までだけどすぐ来れるなら連れて行ってもいいということで慌ててに連れて行きました。診断は、ケンネルコフでした。

珍しい病気ではなく特にお薬を飲ませなくても2週間ほどで症状はなくなるということでしたが、小さな生まれたての仔犬でしたので非常に不安だったのを覚えています。

ケンネルコフは犬の集団生活で感染することが多く、その先生からはペットショップで一頭一頭仕切って管理していないお店での購入はケンネルコフ以外でもいろんな感染症をもらうリスクがあるので避けた方がいいですよとアドバイスをもらったのを「時すでに遅し」と思ったことも覚えています。

幸いわが子(犬)は先生のお見立て通り2週間ほどで症状はなくなり、今では体重も10倍になって元気いっぱいに毎日悪戯しています。

このページの先頭へ