私たちのかけがえのない家族 | 動物病院・ペットクリニック・獣医師の同じ犬猫薬個人輸入

コラム

わたしは現在8歳になるミニチュアダックスフンドを飼っています。名前はサクラ。毛は赤色で目がきれな桜色をしているのでサクラちゃんです。

サクラは時々体調が悪くなります。ある日突然手足が震え口からは唾液が垂れ流し。鼻水もとまらずに滴り落ちるほど。目からは涙が。家族そろって心配でずっと撫で、声をかけ、おさまるまでそばにいました。

そして落ち着いてすぐに動物病院へ。そこで先生から衝撃なことを言われました。 「見ていないから分からない。今回は治療することができないから今度また同じようなことがあったら動画を撮ってきてくれ。」と。

動画ですって?愛するサクラが苦しんでいるときに動画なんてとれません。血液検査なりなんなりしてくれればいいものを・・・・なんて思っていながらそのまま時間は過ぎ・・・二か月たったころです。

 

catdog07

 

またサクラが痙攣をおこしました。動画をとらなければ!と思ったのですが不幸なことにそのとき家にいるのは私だけ。涙を流して苦しんでいるサクラを目の前に動画などとれず、またなでなでして落ち着くのをまちました。

こんな感じで2、3か月に一回のペースで痙攣をおこすサクラ。動画を撮らなければと思ったのですが取れないまま今に至ります。ネットで調べたところ、”てんかん”という病気がでてきました。

症状を見るとその可能性は極めて高いです。不安で不安で、でもネットで検索するくらいしかできない自分にいらいらしております。そこでワンちゃんを飼っている友人に相談をしてみました。

そしたら衝撃な内容を耳にしてしまいました。飼っていたワンちゃんが最近亡くなったというお話でした。チワワを飼っており13歳という若さで亡くなられました。

 

catdog06

 

理由を聞いたところ、なんと、急に痙攣をおこしてそのまま亡くなってしまったというのです。痙攣をおこした理由はわからないようですが体力が持たなかったようです。

これを聞いて恐ろしくなってしまいました。サクラはまだ8歳という若さだから乗り越えれたのかもしれませんが、これから体力が低下してくるのは間違いないことです。

サクラのためにも動画をとり、適切な治療を受けさせたいと思いました。愛犬が苦しんでいるときは私たちもとても悲しいですが先のこと考えて行動しなければいけないと改めて感じました。

ワンちゃんも立派な家族です。私たちが自由に病院に行けるように、ワンちゃんも保険に入り適切な治療をうけるべきです。みなさんも健康診断をワンちゃんとともに受け、いつまでも幸せに暮らせるよう願っています。

このページの先頭へ