疲れた犬は幸せな犬です

コラム

一匹で家で過ごしている時間、犬にはどんな楽しみがあるのだろうとふと考えたことがあります。11歳になったうちの愛犬は、家では寝てばかり、たまにおもちゃをかじるけどつまらなさそうです。
わんちゃんを飼っている方は一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

犬の生活を充実させるには、、、
家を出るときに見た愛犬の顔は、みんな家を出て行くし暇だから寝るか。といった表情でした。もう家族同然の愛犬に何かしてあげられることはないのかと考え、悩んでいました。

ある日、車に乗って広い公園に連れて行きました。とても楽しそうに走り回り、たっぷり遊んで帰りました。そしてその晩、疲れて寝ていた愛犬は夢の中でも走り回っているのか、手足をパタパタと動かしたり口をもごもごさせたりしていました。

散歩で走り回ったのがとても楽しかったのだと思います。その様子を見ていた時、疲れた犬は幸せな犬ですとある方が言っていたのを思い出しました。楽しいことをして疲れた犬はとっても幸せ、たしかにそうだと思いました。

その日以来、愛犬と何かをするときは体を使わせたり頭を使わせたりするように意識しています。楽しいことで疲れてもらおう、お留守番の時間は楽しいことをして疲れたから寝る時間にしてもらおうと考えてます。

短い散歩でも軽く走って体力を使わせたり、簡単な芸を教えてみたり、名前を呼んだら走って戻ってくるように教えたりと、とにかく体や頭を使ってもらいます。

忙しい人は、自分が疲れない工夫も大切です。自分の時間と愛犬の過ごす時間の充実を考えて、日々を過ごしていければ犬はより幸せになれるのではないかと思います。

このページの先頭へ