猫を飼っている飼い主が災害時に注意するポイント!!

コラム

災害はいきなり起こるもので、前もって対策や準備していないと起こってからは後悔してしまうことがあります。
そうならないためにも、事前に飼っているペット動物のことや、災害時の災害対策を心がけるようにされるのが一番望ましいでしょう。
もし災害が起こったことを想定して、避難先をどこにするかどこになるかを把握しておきましょう。また、そこはペット動物の猫も一緒に避難しても問題ない場所か、事前に管理している自治体や建物の管理者などに確認をとっているのがベストです。

001

そこの避難場所が動物付随を認めていない場合は、後々にトラブルの元になりますので違う場所を前もって探しておいてください。

そして、避難する際に必ず離さないように、絶対に逃がさないように細心の注意を持って避難されてください。猫は非常に敏感な生き物ですので、がれきのくずれる音や地震などによる振動などにびっくりして暴れたりして、逃げてしまうことがあります。

東日本大地震や熊本地震でも、ペットがびっくりして逃げてしまい何割かはまだ見つかっていないこともあります。
もし逃がしてしまったときのために、動物の身体には首輪には名札を付けたり、マイクロチップも有効です。どうしても逃げてしまったあとに持ち主の元に戻れるように、他の人からもどこの動物なのかペットとして飼われていたのか分かるようにしてください。

0257

あと、避難するときは、首輪やハーネスでも構わないのですが、なるべくならケージやキャリーに入れて上げて避難するのが一番良いかもしれません。
日頃からケージやキャリーなどに慣らしておけば、いざというときに暴れたり入りたがらなくなります。

初歩的なことですが、予防することが飼い主さんもペットも、災害にあったときに準備できてることが一番のベストな選択になります。

このページの先頭へ