犬猫を飼っている飼い主が、災害が起こる前に備えることとは

コラム

災害とは前触れも無しにいきなり訪れるものです。そんな震災が発生したときは、動物の立場は著しく低くなり人間の方がどうしても優先されてしまいます。

しかし飼い主の心境としては、家族同然です。そんなペットと一緒に災害時に避難してその後も生活できるように、事前に備えておくことが大事です。

001

災害が発生したときには、ペット動物も一緒に連れて避難することになりますが、同行避難するときの避難場所の確認やペットの食べ物やお薬なども忘れずに備蓄しておかないといけません。
余震や助けがいつになったら来てくれるか分かりませんので、何日分かの常備が大事になります。

もし飼い主や家族の方が、留守のときに災害に見舞われたときに他の人がすぐ助けられるようなコミュニケーションをご近所さんと築いていたり、ペットに迷子札や鑑札・マイクロチップなどは非常に便利な対策ですので、日頃からしておくようにしてください。

また、地震や火事が起きたときは人間以上に動物は敏感ですので、いきなり暴れたり外に飛び出したりしまいそのまま行方不明になってしまうこともあります。

yjimageLVY6Q2LC

災害時に迷子になった場合に、すぐに手元に帰ってくる可能性は低いので、首輪にマイクロチップはおススメ出来るアイテムです。

現在はネットのSNSなどにより、犬猫のペット迷子情報や一時保護や一時預かりしてくれる方の情報が頻繁に掲載されているので小まめにチェックされるのもいいかもしれません。

あとは日頃からしつけをチャンとしておいたり、予防注射やいつも安全な場所に寝床を作ってあげたりしてください。

いざというときが起こる前に、是非災害対策に備えておくココロ構えが大事です。

このページの先頭へ