犬を飼う事でもらえる幸せ

コラム

私はペット(犬)を小学生前から飼っていました。とはいっても子供の頃は、自分が飼っていたという認識はなくただ散歩やごはん、遊びなどをしていました。

普通の遊び相手という感覚でした。そういった感覚で育っていたからか、犬は自分の生活にはいなくてはならない存在でした。
当然ながら犬や動物は人間よりも先に亡くなってしまうので、亡くなってしばらくの間は「もう飼うのはやめよう」と考えるものの、また寂しくなって新しく犬を飼い始めてしまっていました。

私は今飼っている犬は3代目になるのですが、新しく犬を飼い始めて、やはり亡くなった時の悲しい気持ちよりも一緒に暮らしている時の幸せな気持ちが勝ってしまいます。

犬が生活にいるだけで、仕事などから帰ってきたときの疲れが吹き飛びますし、休日なども一緒に外出するのがまた楽しくなります。
あと、最も言えるのが友達が増える事だと思います。犬友達とでも言うのか、犬を飼っている人同士だと散歩の時など普段は会話をしない人とも会話をするようになり、コミュニケーションの輪が広がります。

犬連れだとお互い話しやすいですし、犬を通じてプライベートや交友関係が広まっていけます。年齢層を関係なく、性別も関係なく全員が犬を通して楽しく話が出来るので、動物の力はすごいと感じます。

私の周りにいる退職後に犬を飼い始めた方は仕事の時には出来なかった友人が、退職後にこんなに出来るとは思わなかった。
毎日の散歩で沢山の人と話せるのが楽しいと言っていました。
これからも動物と生活して、幸せになる人が増えればいいと思います。

このページの先頭へ