万が一のために・・・ペットと一緒に避難するために用意しておきたい事

コラム

どんな科学が進歩しても、避けられないのが災害です。
日本でも数年に1回大きな震災が起こる等しており、他人事ではないと感じている方も多いのではないでしょうか。
おそらく、自宅に非常用の備蓄をしていたり、万が一の時に家族がどこで待ち合わせるか、といった防災についての対策をしているご家庭がほとんどだと思います。

さてそんな時に思い出してほしいのが大事な家族の一員であるペットです。
万が一の災害に合った時、ペットはどうするか家族で話し合ったり、準備していますか?
ここでは万が一の時に備えて準備しておきたい事を、ペットの種類別にご紹介したいと思います。

 

*犬・猫
犬はある程度しつけがされていれば、避難誘導も簡単にできるかと思います。
ただし周りの状況が変わったり、人間達がパニックを起こしている様子を見ると、犬もパニックを起こしてしまい普段と違う行動を起こしてしまう事があります。
小型犬~中型犬であれば、キャリーケースに入れての避難が一番安全です。また、キャリーケースは避難先での夜の寝床代わりにもなります。

201

猫は避難させるのが非常に困難です。キャリーケースに大人しく入ってくれれば良いのですが、おそらく大地震が起こってしまうとどこかに隠れて出てこなくなる・・・という事もあり得ます。
犬も猫も、普段からキャリーケースに入る練習をしておく事が重要です。
ちなみにもしキャリーケースが使えない(倒壊した自宅の中にあるなど)場合は、大きめの布袋の中に犬や猫を入れるという方法もあります。
「え?袋?!」と思われるかもしれませんが、これは自衛隊がペットを避難させる時にも使用している方法です。
どうしても抱っこ出来ない、ついてこないという場合には袋に一瞬入ってもらうのも手段の一つです。

また、エサは普段から食べている物を常に余分に備蓄しておきましょう。
最近の避難所ではペット用の支援物資もあるようですが、普段と違う状況で食べ慣れないエサを食べる事で、下痢になったり、またそもそもエサを食べないという状況になる事もあります。トイレ用品(ペットシーツや砂)と合わせて、1週間分は最低でも備蓄が必要です。

もし万が一逃げてしまった場合のために、迷子札は普段から必ずつけておきましょう。
東日本大震災でも、飼い主の元に無事戻ってこれたペットには迷子札がついている子が多かったようです。

 

*ウサギ・ハムスター等の小動物
ウサギとハムスターも、移動用のケースに入れてあげるのがベストです。(ハムスターぐらいなら小屋ごとの避難も可能です。一刻を争う場合もあるので、時間が無い場合は小屋ごとでもOKです。)
ウサギやハムスターのエサが支給されるのはほぼ0%です。エサは犬・猫と同様に1週間分くらいは最低用意しておきましょう。

また、通常のエサ以外にも野菜で栄養を取っている子も多いと思います。どうしても野菜が手に入らない場合は、野草を食べさせてあげる事もできます。
オススメはタンポポやクローバーですが、日ごろから、何の野草が食べられるかチェックしておくと便利です。
また野草は出来る限り人のいる場所や道路から離れた所で取り、水でしっかり洗ってあげてください。

yjimageLVY6Q2LC

*小鳥
一番大変なのが小鳥です。小鳥は移動用ケージになかなか入ってくれない事が多く、また地震でパニックを起こしていると逃げてしまう可能性もあります。
移動用ケージに入らなさそうであれば、無理せず普段の小屋ごと避難するのが良いでしょう。
また取りはストレスに非常に弱いため、出来る限り環境を変えないためにも、普段の小屋で生活するのが良いかもしれません。

エサは他の動物同様用意しておきましょう。
できればエサは普段からペレット食にしておくと、万が一の時も持ち出すものが少なく、しかも栄養バランスもきちんと保たれます。
また、鳥は寒さに弱いため毛布やひざかけを一緒に持ちだせると良いです。(避難させる時に小屋に被せてあげてください。)
毛布やひざかけは保温以外にも、夜に避難所が真っ暗にならない場合に小屋にかけてあげたり、鳴き声がうるさくなってしまった時にかけて一度落ち着かせるためにも使えます。

いかがでしょうか?
ペットは避難先に連れて行くのが基本です。自宅に残してしまうと、野良化したり、残ったペットを狙って他の野生動物が寄ってきたりする事もあるからです。
ぜひ事前にしっかり準備して、万が一の時も安全に素早く非難できるようにしておきましょう。

このページの先頭へ