ペット嫌い人の意見も聞いてよ

コラム

体験談を集めているようですが、これが体験談といえるのかどうかとても疑問です。また誹謗中傷は禁止ということですが、この文が誹謗中傷でないと断言できるのかについても自信はありません。

わたしはペットが嫌いな方だといえます。でもペット嫌いな人間の主張を我慢して読んでいただければ、ペット大好きの人でもなにがしかの参考になるのではないかとおもいます。

春先、散歩中に道端に可憐な花やヨモギや、ときにはツクシなどが生えているのを目にします。これは都会の真ん中ではあり得ないことかもしれませんが、ちなみにわたしはナラという田舎に住んでいますので、そういう場所が家の界隈に随所にあります。田園地帯かというとそうでもなく、数分で鉄道の駅に到着できるような比較的都会的な場所です。
202
でもそういう場所でツクシを摘んではいけません。禁止する法律があるのではなく、目には見えないかもしれませんが、不衛生だからです。というのはペット(たいていはイヌです)の排泄場所でもあるからです。

ペットをリード付きで散歩させている飼い主は、ビニール袋と小さなシャベルをぶら下げて偽装していますが、あたりを見回して人の目がないことを確認すると、ペットの糞を回収するなどという面倒な作業はしません。ましてや液体排泄物は回収のしようがありません。

ツクシはそういう汚れた場所でも元気よく芽を出すのです。ツクシの終わったあとは、シロツメクサとかタンポポが咲きます。眺めるだけにしておきましょうね。

最近しばしばみかける小型犬はほとんどのばあい室内犬でしょう。持ち主の家のリビングなどではワン公が走り回っているのです。ペット・カフェとかができてきて、ペット持込み(同伴)OKの店もありますが、一般的にまた常識的にいって、食べ物・飲み物を提供する店の店主や女将がペットを抱いたまま店に出入りするなどということは言語道断だとおもいます。
204
そういう空気の中で生活している人はペット臭は感じなくなっています。ペット臭が存在することすら知らないかもしれません。同時にペット臭は室内のカーペットやカーテン、ソファなどにも染み込み、飼い主の衣服にも染み込んでいますが、当人は全く無神経で、平気で外出し、他の人と接触します。

先日、大手スーパーで、しかも食品売り場のレジを待つ列で見かけましたが、わたしのすぐ前にいた中年女性の背中には、ペットの抜毛が、あきらかに茶色っぽい二~三センチの長さの毛が何本かくっついたままでした。ゾッとしますね。列の前にいたら逃げ出したくなります。

事実、逃げ出そうとしました。しかしせっかく列に並んだのだし、とおもって、一旦その列を離れ、再度別の列に並びました。わたしのようなペットが嫌いな人間は、しだいに少数派となるようで、こういった状況を我慢しなければならないのでしょうか。

このページの先頭へ