ペットを飼うならばやはり保険は必要か? | 犬猫医薬品比較《予防対策・感染駆除・各種ジェネリック》

コラム

近頃では、家族の一員として、犬や猫を可愛がる家庭も多いようです。また、あえて子供を作らない夫婦の場合には、子供代わりとして、犬や猫を迎えるケースも少なくありません。

そんな可愛いペットですが、やはり飼っている上で、病気になったり、ケガをしたりすることも多々あります。
そのような場合には、動物病院に連れていき、診察を受けたり、処置をしてもらったりしますが、人間と違い、動物の場合には、保険適応の三割では済まず、ほとんどが全額負担となります。

そのため、かなりの負担となり、継続して治療が必要となると、家計にも響いてしまう・・・と言う可能性も少なくありません。このような点から、動物用の保険も沢山出来ており、これらに加入する飼い主もいます。

[子供の頃は人間もペットも病気やケガをしやすい場合も]よく人間の子供の場合には、保育園に通いだすと、最初のうちはケガをしたり、風邪などをもらってきたり・・・などと言うことも頻繁に起こる恐れもあります。

そのようなことから、子供にも保険加入をしているケースも少なくありません。

 

catdog19

 

また、動物の場合も、子犬や子猫の頃には、遊び方がわからず、思い切りジャンプしたり、飛び降りたりしたため、捻挫をしたり、骨折したりすることもあります。

勿論、動物には人間の保険がききませんので、診察やレントゲンを撮るだけでも、全額負担となります。
そうなると、一回診てもらうだけで、一万以上かかることもあり、これに通院が必要となれば、その都度、かなりの金額が掛かる可能性もあります。

このようなことから、ペットショップから迎えたペットでは、ショップから同時に保険加入を奨められることもあるようです。[老犬になっても治療費がかかることも]また、動物も人間と同様に年を取ります。

動物の場合には、人間よりも速く老いるため、やはり高齢になると、いろんな病気に掛かる仔も出てきます。最近では、人間と同じように、ガンなども犬などには大きな問題となっており、治療のために多額のお金が必要となることもあります。

そうなると、治療にお金が掛かりすぎるため、延命治療を希望せず、そのまま自然に任せたり、安楽死をお願いする飼い主もやはりいるようです。

 

catdog14

 

しかし、中にはわずかな望みを掛けて、手術をしてもらったりする飼い主もいます。このような場合にも、ペット保険に加入すれば、種類によっては適応され、いくらかの負担で済むこともあるようです。

ペットに長生きして欲しい、出来るだけお金を掛けてあげたいと言う際には、保険に加入するのも良いかと思います。我が家の場合には、最初にショップからお迎えした子犬が、いきなり捻挫をしてしまったため、かなりの出費となりました。

その際、保険に入っていれば・・・と悔やんだものです。現在は、14歳の老犬がいますが、この仔も体調を崩したりすることがあり、動物病院にもよく連れていきます。

このような点からも、動物をちゃんと飼育するならば、ある程度のサポートをしてくれる保険に入っておくのも良いものですよ。

このページの先頭へ