お迎えしてからもう5年

コラム

我が家にオスのチワワをお迎えしてから5年が経ちます。
これまで特に大きな怪我や病気もなく、毎日元気でいてくれるのがありがたいです。

家の中をワンコが自由に気ままに歩き回っているのもすっかり当たり前の光景になりましたが、改めてお迎えしたときのことを思い出してみることにしました。

分譲マンションを購入し、ペットが飼える環境になったところで私自身は「猫を飼いたい」と思っていました。
動画などで好んで閲覧するのも猫の可愛い仕草のものが多かったです。

夫婦で漠然と「ペット飼いたいね」という話になるとだいたい夫は犬派、私は猫派でしたが全然具体的な話になったことはなく、ぼんやりとしたものでした。

ただ、ショッピングモールなどに行くと必ずペットショップに立ち寄り、子猫や子犬を眺めては「いつかは…」という気持ちは沸きつつあったので、あと一押しきっかけがあれば、という状況にはあったと思います。

私の目的は猫だったはずですが、ペットショップで見かけるうちになんとなく犬ならチワワ、それも毛の長いやつ(ロングコートという言葉も知らなかった)が可愛いなと思うようになっていました。

マンションの規則でペットの飼育は成犬で10㎏未満というのがあったせいもありますが。
そんな折、友人たちとバーベキューをしたときにある家族がまさにそのロングコートのチワワを連れてきていたんです。

たまたまそのチワワが誰にでも愛想良くしてくれたのもあり、一気にメロメロに。
帰宅後から夫に「チワワ飼いたい」を連呼してました。

その日からネットでチワワを飼うのに必要な環境を調べはじめ、我が家の場合だとサークルはあそこに置けばいい…など一気に気持ちが高ぶって、次の日曜日にはペットショップでちょうど生後3ヶ月のこげ茶のチワワと対面していました。
その子が今は家族になっています。

衝動的な思いつきに近いものはありましたが、結果としては大正解。
しつけで悩んだ時期もありますが、あの大きな瞳に日々癒されています。
これからも長く長く、元気でいて欲しいです。

このページの先頭へ